アフタヌーンティーレシピ

アフタヌーンティーパーティー、ちょっとしたティータイムにも使えるレシピをご紹介します。


キューカンバー サンドウィッチ(きゅうりのサンドウィッチ)

アフタヌーンティー定番メニューといえば、きゅうりのサンドウィッチ

 

簡単なレシピ掲載中。詳しくは当ティーショップサイトにて。

 

きゅうりのサンドウィッチ


シュトーレン ~クリスマスティーパーティーにも!~

クリスマスを代表する食べ物のひとつシュトーレン(シュトレン)

12月は何かと忙しい月。でも、ホームベーカリーを使ってシュトーレンの生地が簡単にできます。

手作業といえば、生地をまとめたり、焼きあがった後に少しの作業をするくらい。

 

ホームメイドシュトーレンも結構簡単にできてしまうんです。
クリスマスシーズンのティータイム、クリスマスアフタヌーンティー、クリスマスパーティーに、シュトーレンを作ってみませんか?

 

【材料】

A

強力粉 100g

薄力粉 100g

アーモンドパウダー 50g

砂糖 55g

バター(有塩) 60g

 1個

牛乳 70㎖

シナモンパウダー 小さじ1/2

ドライイースト 4g

ドライフルーツ 50g(遅くても前日までにラム酒などに漬け込んでおく。使用の際は水気を切って使います。)

 

B

クルミ適量… 軽く砕いておきます

チョコチップカカオニブ 適量

 

仕上げ用

粉砂糖

ドライフルーツを漬け込んでいた液

ジャム(チェリーなど)適量

 

【作り方】

1.〈ホームベーカリー〉

上記の材料Aをホームベーカリーの専用容器に入れ、ドライイースト、ドライフルーツをセットする。パンの生地コースでスタート。

※ここでは、パナソニック製 ホームベーカリーを使用しています。

 

2.〈手作業〉

生地ができたら、まな板に生地を取り出し、Bの砕いたクルミとチョコチップ(カカオニブでもOK)を加えてこねる。

 

3.〈手作業・オーブン〉

生地を丸めて、オーブンシート(シート角4か所をホッチキスでとめて、適当な器を形作ると便利)に乗せて、約40℃で100分発酵させます。生地が2倍くらいの大きさになるのが目安。

 

4.〈オーブン〉

150℃に予熱したオーブンで30~35分焼く。

 

5.〈手作業〉

焼きあがったら、ドライフルーツを漬け込んでいたラム酒にジャムを混ぜ、刷毛を使って全体にたっぷりと付けいく。

 

6.〈手作業〉

粉砂糖を何度か振りかける。メッシュタイプのティーストレーナーを使うと便利。

 

7. 冷めたらラップを何重か巻いて保存。

翌日から少しずつスライスして美味しく食べることができます。

 

Orangery Teaおすすめの紅茶は、「ブルボンバニラ」です。ショップで詳細をごらんくださいね。

 

 


クラッシュゼリー  ~ジューシーチェリー(フルーツティー)使用~

アフタヌーンティーには、いろいろなテイストのスイーツがあると楽しいですよ。これなら、簡単にできて、色もきれいなので、パーティーにもぴったりでは?

 

クラッシュゼリー ジューシーチェリー(フルーツティー)使用


【材料】4人分(モカ用カップなどを使用)

 水 270㎖

 ジューシーチェリー 12g

 粉ゼラチン 5g

 グラニュー糖 15g

 レモン汁 ティースプーン2

 

 

 

【作り方】

1.水270㎖を沸かし、ジューシーチェリー12gをいれたティーポットに熱湯を注ぎ入れます。浸出時間は8分。

 

2.ゼリーを冷やし固めるための器に、グラニュー糖15gを入れておきます。(器のなかですべての材料を混ぜてしまうので、少し大きめが便利。)

 

3.茶葉をこしながら2に直接注ぎます。

 

4.さらに粉ゼラチン5gをふりいれ、材料が完全にとけるまでスプーンで良くかき混ぜます。混ざったらレモン汁をティースプーンで2杯入れて混ぜます。

 

5.粗熱がとれたら、冷蔵庫にいれて固めます。

 

6.ゼリーが固まったら、フォークなどで崩して、モカカップのような小さな器に盛り付けて出来上がり。

 

 

 

もしエディブルフラワーなどが手に入ったら、ちょこっと添えてあげると見た目にキレイかも。

ここでは、ナスタチウムの花びらを使用しています。


とても簡単にできるのでぜひお試しください。

 

Orangery Tea のジューシーチェリー ご注文はこちら

ジューシーチェリー

あるいは、お手持ちのハーブティーでも作ってみてくださいね。

 


手揚げ風油揚げでつくる かりんとう

とっても簡単、美味しくヘルシー。食べ始めると結構止まらない。気軽なティータイムに添えてみてください。

 

【材料】

手揚げ風油揚げ(肉厚な油揚げ)2枚

黒蜜 適量(お好みの量で)

 

【作り方】

1.手揚げ風油揚げを7~8mm幅に切る。※油が気になる人は、切る前の油揚げに熱湯をかけて油抜きしてもOK。ただし、次の工程で多少長く時間がかかります。

 

2.テフロン加工のフライパンに並べ、弱火にかける。

油揚げの水分をとりカリッとなるまでじっくりと焼きます。途中裏返したりしてください。

 ポイント:ここで油揚げをカリッとさせておくと、出来上がりの食感がかりんとうのようにカリッと仕上がります。

 

3. 油揚げがカリッとなったら、黒蜜をフライパンに回しかけ、油揚げに絡ませてできあがり。黒蜜の量はお好みに合わせて調整してください。

 

仕上げにゴマを振りかけたり、アレンジもききます。


 


大豆ペーストのベジサンド

大豆ペーストとキャベツとにんじんサラダをはさんでいるので、食感や色合いもバランス良い。
大豆ペーストのベジサンド

イソフラボンをたっぷり含んだ大豆を、ペーストにしてつくるサンドウィッチ。キャベツとにんじんサラダも一緒に挟んで食感、色合いもばっちり。アフタヌーンティーのメニューに、ぜひ加えてください。

 

材料すべてをフードプロセッサーにかけるだけ。大豆のつぶ感を残してもいいし、完全にペーストにしてもいい。お好みで調整してみてください。
大豆ペースト

大豆ペースト

【材料】

大豆の水煮 150g (※水切りしないでそのまま使用)

ピーナツペースト 大さじ2 (粒入りでも、粒なしでもOK)

レモンの絞り汁 1個分

オリーブオイル 大さじ2

ガーリック すりおろし 2片分 (※ガーリックが気になる方は省いても可)

砂糖 小さじ1/2

しょうゆ 小さじ1/2

 小さじ 1/2 (※大豆の水煮に塩分が含まれている場合は、この部分の塩を省く。)

 

【作り方】

上記の材料をフードプロセッサーにかけて、よく混ざり合ったら出来上がり。1日くらい寝かせたら味がなじみますが、すぐに使ってもOK。

 

キャベツとにんじんのサラダ

【材料と準備】

キャベツ 適量 千切り

にんじん 適量 スライサーで千切り

すしのこ 適量 (市販のパウダー状寿司酢)

 

【作り方】

ボウルにキャベツの千切りとにんじんの千切りを入れ、すしのこを適量ふりかけて混ぜあわせます。しばらくすると水分が出てきてややしんなりしたらOK。

水気を切ってサンドウィッチに使います。

 

大豆ペーストのベジサンド仕上げ

サンドウィッチ用のトーストの両面にマヨネーズかバターを塗り、大豆ペーストとキャベツとにんじんのサラダをのせて挟みます。

ラップなどでくるみ、生地と具材をなじませたら、お好みサイズに切り分けて完成。


シュトーレン風 スコーン

シュトーレン風 スコーン。 冷めても、何もつけなくてもおいしい
シュトーレン風 スコーン。 冷めても、何もつけなくてもおいしい

【材料】 出来上がりスコーン中くらいサイズ8個

薄力粉220g

ベーキングパウダー 小さじ2

アーモンドパウダー 30g

無塩バター 55g

砂糖30g

卵(全卵) 1個分

牛乳 50ml

みかんパウダー小さじ4

 ※みかんパウダーの作り方

ドライフルーツ 15g

リキュール(コアントローなど) 適量

クルミ 20g

カカオニブ 大さじ1程度 (チョコチップでもOK)

シナモンパウダー 一振り

 

【準備】・小さな容器に牛乳とみかんパウダーをいれてなじませておきます。

    ・ドライフルーツはコアントローを少し振り掛けて柔らかくしておきます

    (急いで柔らかくしたい場合は、電子レンジに少しかけてあげるといいですよ)

 

 

【作り方】

1. 薄力粉ベーキングパウダーを合わせてふるいます。

 

2. 1にバターを入れ、手でこすり合わせるようにしてバターを混ぜ込んでいきます。

バターが粉類にまんべんなく馴染んで、しっとりした粉のような感じになればOK.

 

3.2にアーモンドパウダー、シナモンパウダーを加えて混ぜます。(ここで練らないでください)

 

4.別のボウルに砂糖を入れ良く混ぜます。そこにみかんパウダー入り牛乳を入れてさらに混ぜ合わせます。

 

5. 4を3に入れながら、粉にまんべんなくかけながらなじませていきます。続いて、水分を切ったドライフルーツ、カカオニブ、クルミを加えて混ぜます。(こねないでください。)

 

6.5が全体的に湿っている状態がベスト。生地をまとめます。ギュッと両手で押さえてまとめる感じ。

 

7.2㎝の厚さに伸ばしたら、スコーンの型抜きをします。スコーンの上に、卵黄を水かお酒少量で伸ばし、ドリールをぬります。

 

8.200度に温めておいたオーブンで約15分焼き、完成。

 

何もつけなくても風味豊かなスコーン。スコーンはほとんどの場合、軽く温めて食べるとおいしいですが、これは温めなくても、そのままでおいしい。この冬のアフタヌーンティーに、ぜひお試しください。

 

 


ナスとハムのサンドウィッチ

【材料】 

パン 3個 ロールパンやバケットなど好みのパンで

ナス 中サイズ3本 縦に1㎝の厚さでカット

ハム 3~6枚(お好みで加減)

キャベツ 全切り適量 千切りにしたキャベツをすしのこ少量で和えておく。

クリームチーズ 50g

はちみつ 適量

塩 コショウ 適量

バター 適量

オリーブオイル

 

【準備】

パンの中心を半分にカット バターを薄く塗っておきます。

クリームチーズは大さじ1くらいのはちみつを加えよく混ぜ合わせておきます。

 

【作り方】

1.フライパンにオリーブオイルを入れ、中火にかけて塩コショウをしてナスを焼く。

 

2.ナスに焼き目がついて火が通ったら、火を消す前に少量のはちみつを加えてあえる。

ナスにテカリがでて、見た目が良くなります。ナスはパンのサイズに合うような長さでカット。

 

3.パンの下面にはちみつ入りクリームチーズをぬり、水切りしたキャベツ、その上にナス、その上にハムをのせてパンで挟み出来上がり。

ナスは、少し重なるように並べる。

 

ナスの味を中心に、柔らかい味わいが特徴のサンドウィッチ。