紅茶の種類・道具・グッズなど


紅茶の種類

まずは、紅茶選びから
まずは、紅茶選びから

紅茶生活を始めたばかりの方に。

どんな紅茶(種類・ブレンド)を選ぼうかと迷ったら、次のようなことを参考に紅茶を選んでみてはいかがですか。おすすめの基本紅茶をいくつかご紹介します。

 

【ストレートでも、ミルクでもどっちも楽しみたいという方には】

 ディンブラ、ウバ

 

【紅茶の香りを最も楽しみたいという方には】

 ダージリン、ヌワラエリヤ

 

【アレンジティーをたっぷり楽しみたい方には】

 ニルギリ、キャンディ

 

【たっぷりのミルクを加えて飲む、英国流紅茶スタイルが好きだという方には】

 アッサム、 その他 ボディのしっかりしたブレンド紅茶 

モダン・ブリティッシュ(当ショップのブレンド紅茶)や、イングリッシュ・ブレックファストなど。

モダン・ブリティッシュは、イングリッシュ・ブレックファスト(他ブランド)と比較しても、ストロングな味わいを持っています。

 

このモダン・ブリティッシュ情報は、ティーショップサイト(通販・ネットショップ)をご覧ください。

 


紅茶道具 どんな紅茶道具が必要?

紅茶生活始めるとなると、紅茶の茶葉だけでなく、すぐに必要なのが紅茶道具。

最低限必要なものと、あったら便利なものって、どんなもの?

 

ポイントといっしょに、あったら便利な紅茶道具をご紹介します。

まずどんな紅茶(茶葉の形態)を使うかによって必要なものが違います。

 

【茶葉の形態】  

ティーバッグ?

ルースティー(ティーバッグに包まれていない茶葉)?

 

電気ケトルや、やかんなど、お湯を沸かす道具は前提条件として考えてみます。

 

 

お好きなマグカップで
お好きなマグカップで

*ティーバッグを使う場合の必要な紅茶道具

 

もしティーバッグを使うなら、必要な道具はただひとつ。

最低限必要なもの:マグカップ

あったら便利なもの:お皿(マグカップにふたができるくらいのサイズ)・・・紅茶を蒸らすときにこれでふたをすると、湯温を出来るだけ高く保ち、紅茶の浸出を助けます。浸出がすんだら、そのふたに取り出したティーバッグをおいておくこともできます。

お好みのマグを使うと紅茶がもっとおいしい。

必要な紅茶道具
必要な紅茶道具

*ルースティーを使う場合の必要な紅茶道具 (ストレートティーを入れる場合)

 

最低限必要なもの:ティーポット、タイマーか砂時計、ティーストレーナー、ティーカップ&ソーサー、スプーン

 

あったら便利なもの:トレイ(お盆)、量った茶葉をのせておく小皿

 

ティーバッグを使うときよりも、たくさんの道具が必要になりますが、ティータイムの気分の盛り上がりもそれだけアップするので、紅茶生活を始めるなら、ぜひとも揃えていただきたいアイテムばかり。

 

これから買おうを思っているかたに、

ティーポットについては、特に気を付けてほしいポイントを次の項目でご紹介します。ティーポットはいろいろな紅茶道具の中でも、最も値が張るアイテム。だから、慎重に選びたいですものね。

 

かわいさ重視で選ぶのもよいのですが、何回か使った後は、ディスプレイアイテムになったり、ってこともあるので、気を付けて。

 


ティーポット選び 絶対にチェックしておきたいポイント!

ティーポット選びは細かいところもチェックしよう
ティーポット選びのポイント

・大きさはちょうどいい? 

 

ティーポットサイズもいろいろとあるので、容量をチェック。自分が一回に何杯分をいれることが多いか考えて選んでくださいね。

たとえば、一人暮らしをしていて、お友達が一人か二人来た時に、ちょっと入れてあげられたら・・・。こんなかたには容量500ml位のサイズが便利。

 

・持ち手部分はしっかり握れる?

 

この部分は、ティーポットのサイズに関わらずしっかりと作られているものが多いのですが、持ち手がポット本体の横についているものと、上についているものがあります。

自分の持ちやすい、そしてお茶を注ぎやすいものを選んでください。

 

・お手入れのしやすさはクリアしてる?

 

ティーポット本体には、茶葉が入れられて、美味しい紅茶の成分がそこでじっくりと出されていきます。ティーカップに紅茶を注いだ後、ティーポットに残るのは茶殻。茶殻のお手入れはやっぱり大変です。だから、ティーポットのふたの開口部分は、程よく大きいものが絶対に便利。茶殻を取り出しやすいし、ティーポットの中を洗いやすいから。

小さめのティーポットなら、ティーポットのふたが少しくらい小さくても、茶殻を出して何とか洗うことは出来るでしょう。しかし、大きいティーポットでありながら小さいふたしかついていない場合は、茶殻の取り出しやティーポットの内部の隅々まできれいに洗うのはたいへんです。だから、ティーポットのふたや開口部の大きさも購入の際にチェックするべき重要なポイントなのです。

 

・スパウト(ティーポットの注ぎ口部分)は水キレがいい?

 

ティーポットからティーカップに紅茶を注いだとき、一番イヤなのが液だれ。せっかくきれいに注げても、ティーポットの注ぎ口の先端からボテッと液がこぼれたらがっかりします。そうはいっても、液だれは多くのティーポットでも防ぎにくいことです。

 

あまりひどくないくらいの液だれならばよし、と思ってくださいね。できれば、先端部分がスマートな作りになっているもののほうが液だれはしにくいようです。ティーポットの中には、先端の部分が少し下に反っているものがあり、それらは比較的液だれしにくいです。


コラム「茶葉を量る道具」

茶葉を量る専用の道具として、ティーキャディスプーンというものがあります。

 

貝の形、葉っぱの形、スコップの形など個性的なものが多い。そして、そのいずれもティースプーンより大きめ。

ティーキャディスプーンを使って茶葉を量る場合は、1杯分がティースプーンより少なくてよく、形や大きさも異なるので、使い慣れる必要があります。茶葉を使って紅茶を頻繁に入れるなら、一つ持っておくのも便利ですね。

 

ティースプーンを使って茶葉を量ることもできます。ティースプーンは、一般的にコーヒースプーンよりも一回り大きい(次の項目 ティースプーンとコーヒースプーンについてご参照)。そしてティースプーンについても大きさが少し異なります。もしティースプーンを使って茶葉を量るとしても、使い慣れた1本を決めておくととても便利です。


ティースプーンとコーヒースプーンの違い

 

「ティースプーンとコーヒースプーンってどこが違う?」

「それは大きさです。」

ほんとにそれだけしか言えないのです。規格がないそうです。

 

ということで、ちょっと迷いやすい、ティースプーンとコーヒースプーンの違い。

一般的に二つを比べてみると、大きいのがティースプーンで、小さいのがティースプーン。

また、ティースプーンのすくい部分でも大きさ、深さの違いがあります。

スプーンのすくい部分は、専門用語で「ツボ」。

 

これから紅茶用にスプーンを探すとき、ティースプーンでも少しずつ違うので、細かい部分にも気をつけながら選んでみてもよいかと思いますよ。

 


紅茶やハーブティーの浸出時間を計るもの

砂時計

 

三分計、五分計などの砂時計でお茶の浸出時間を計ります。デジタルタイマーよりは、正確性の点ではかなわないけど、風情が感じられます。お茶を待つ時間の楽しさがあるのはこちらのほうでは。

 

 

デジタルタイマー

 

時間を正確に計ることができるのが魅力。秒単位で細かく設定できる。ティーテイスティングそのものが目的だったりする場合は、こちらが便利。


【コラム】ティーバッグの話

紅茶のティーバッグは、網目状の袋にカップ約1杯分の茶葉が入っています。ティーバッグの形状は、丸かったり、四角だったり、テトラタイプ(正四面体型)だったり、さらにひもがついていていたりといろいろ。その素材は主としてナイロン、紙、不織布など。


紅茶のティーバッグ一袋には多くの場合2~2.2g程度の茶葉が入っています、イギリスなどの硬水地域では紅茶の出をよくするため、少し多めに入っていることがあります。


ティーバッグの中は、まるで粉のような粉砕された茶葉が入っている場合があります。これは粗悪な茶葉というではありません。紅茶のサイズを表すダストとかファニングスというものになります。ダストやファニングスというのは、紅茶の製造工程のふるい分けによって、細かな網の目を通って分別された細かい茶葉のことです。

そして、細かい茶葉を包んだティーバッグ最大の特徴は、抽出が早いこと。手早くしっかりした紅茶の風味を出したいときにおすすめです。

また、大きめサイズの茶葉が入ったティーバッグも多くあります。仕事場やお出かけ時にとても便利。



トルコの場合は? トルコの紅茶を入れる道具 「Çaydanlık チャイダンルック」

オランジュリーティー ショップの「トルコ リゼ」は人気の紅茶

2段重ねのポットは、トルコでよく使われている紅茶を入れるための道具で、「Çaydanlıkチャイダンルック」と呼ばれています。

 

使い方:

上の方に茶葉、下にはたっぷりの水を入れて沸かされます。下の方の水が沸騰したら、上のポットに注いで蓋をし、じっくりと紅茶を抽出。

 

飲むときは、上のポットからチャイ用のグラスに適量を注いで、お湯を足して好みの濃さにして飲まれます。

 

トルコではストレートか、砂糖を加えて飲むのが一般的。